• 整形外科、整体院に行ってもなかなか改善がみられない
  • 手術を勧められているが、絶対にしたくない
  • 手、指の痺れにより仕事にも支障が出ている
  • リリカやロキソニンを飲んでいるが、痛みが緩和しない
  • 首の痛みで寝れずに、睡眠不足に悩まされている
  • 上を見上げようとすると手がしびれたり、肩甲骨の内側に痛みが出る
  • 首を動かすと痛みが出るので、動かさないようにしている

首の痛み・頸椎ヘルニアの原因

頚椎ヘルニアや頚椎症を起こす要因として、同じ側に対して繰り返しストレスを加える事で、頚椎と頚椎の間隔が狭まくなることにより起こりやすいです。

その際に重要となってくるのが、胸や肩甲骨に付く筋肉です。

それらの筋肉にストレスが加わり、筋肉が硬く縮む事で頚が下にひっぱられ頚椎に圧が加わり痛みや痺れを生みます。

そこに対してどういう理由でストレスが加わってしまうかを自身の生活習慣を省みて、把握しておかないと改善にも繋がらないですし、改善後も再発のリスクがあります。

症状について

首、肩甲骨内側の痛みと首から腕、手へのしびれが主な症状です。

そこからだんだん動かせる範囲が痛みにより少なくなっていきます。

例としては車の後方確認の際に首だけで後方を向くのではなく、首が動かないように上半身ごと後方に捻るようにしたりします。

それにより、首や肩を動かさなくなる事で肩や肩甲骨周辺が凝った感じがします。

人によっては首、肩甲骨周辺の筋肉の緊張により「緊張性頭痛」が出ます。

あとはしびれにより握力の低下が起き、細かい動作が難しく感じます。

症状が強くなってくると同じ姿勢でいることがしんどく感じ、デスクワークや寝ることが困難になることもあります。

当院での改善法

当院ではまず、なぜそういった症状が出るのか?をカウンセリングと検査を重視し根本的な原因から考えます。

毎日、同じ生活をしている方はいません。仕事をしている人なら休みの日があったり、仕事量が違ったり。

朝と昼と夜とでも温度も違えば体にかかる負荷も違います。
であれば、ロボットのようにずーっと症状が一緒ということはありません。

痛いにしても強い弱い。鋭い、鈍いもあります。
場所の範囲も違いがあるかもしれません。

それらをカウンセリングにより聞いていき、どういう時に症状が強くなって、どういう時に弱くなるのか?を明らかにしてそれを元に施術をしていきます。

そこから骨による症状であれば、骨に対しての圧が抜けるように関連している筋肉のストレスを抜いていきます。

ポイントとなってくるのは痛みが出る側の肩甲骨と腕の筋肉です。
胸や脇、肩甲骨の内側の筋肉を緊張させる事により、肩や首を動かさないようにして衝撃をおさえ【その時の痛み】をおさえようとします。
それにより下に引っ張られる力が強くなります。重たいものをずっと腕に下げているのと同じような状態です。
腕をあげる事により、しびれが少なからず軽減するのであれば非常に有効といえます。

そうして負担をかけてしまっている筋肉を緩める事により、次第にできることが増えていき、結果的に痛みや痺れの改善につながってきます。

ポイントはどういう理由で悪くなったか?を把握してもらうことが大事です。
再発のリスクが高い症状ですので、しっかり理解していただけるようにわかりやすく説明させていただきます。

もし、頸椎症や頸椎ヘルニア、首の痛みで悩まれているのであれば、まずは一度ご相談下さい。
納得のいく説明と施術により改善へのお手伝いをさせていただきます。